LIFE LOG(自然と遊ぶ)

自然と遊ぶ

登山の楽しさ、美しさを伝えたい。登山、写真。

2歳1ヶ月の子供と獅子吼高原へ登山〜ゴンドラで行ける後高山〜(2022年5月)

ゴンドラで登れる獅子吼高原に、2歳の子供を背負って登りは歩いて、降りはゴンドラを使って行ってきました。山頂にはキッズパークや人工芝のソリ、駐車場には公園があり、子供を遊ばせやすい山です。

場所:石川県

日程:2022年5月8日(日)

獲得標高:597m

歩行距離:4.6km

登山時間:1時間45分

登山のハイライト

山頂のスカイ獅子吼からの眺め。パラグライダーの離陸場だけあって、凄く良い景色です。f:id:kuromenboo:20220630221208j:image

日程と装備

ルート

14:40駐車場→15:50スカイ獅子吼山頂駅、後高山、少しのんびり→16:15ゴンドラで下山→16:25駐車場

登山時間:1時間45分(標準CT:登りだけで1時間45分)

駐車場

獅子吼第三駐車場が登山者用の駐車場です(もくゆうりんの所)

装備

  • 行動着上(インナー、半袖)

  • 行動着下(長ズボン)

  • 足元(トレランシューズ)

  • ドリンク

  • 小物(ヘッドライト、救急セット)使用せず

子供用準備

基本的には外出する時に持っていくものをそのままザックに入れるだけです。

  • ザック(モンベル、ベビーキャリア)
  • おやつ、ドリンク(お茶)
  • オムツ関係(オムツ、ウェットティッシュ、オムツ袋、オムツ交換用レジャーシート)
  • その他(着替え、ガーゼ)

登山

14:40登山スタート。ゴンドラで登る人たちを横目に歩きます。緑が気持ち良いです。

子供でも歩ける斜度で、距離も短めです。f:id:kuromenboo:20220630221335j:image

途中で見える景色がまた良い。
f:id:kuromenboo:20220630221352j:image

途中でワンワンを抱えて寝ていきました。
f:id:kuromenboo:20220630221341j:image

高いところまで登ってきたー。
f:id:kuromenboo:20220630221348j:image

15:50スカイ獅子吼到着。人工芝のソリ遊び場や、ドッグランもありました。
f:id:kuromenboo:20220630221344j:image

その奥にひっそりと、ピークである後高山があります。
f:id:kuromenboo:20220630221323j:image

スカイ獅子吼の中には小さいキッズルームもありました。子供もニコニコ。
f:id:kuromenboo:20220630221339j:image

パラグライダー離陸場で記念撮影。良い景色です。
f:id:kuromenboo:20220630221208j:image

16:15さくっとゴンドラで下山します。この日はサンセットを見ようの日だったようで、遅くまでゴンドラ営業してました。ごんどら乗る時もリュックから降りず、乗りっぱなしです。笑
f:id:kuromenboo:20220630221328j:image

16:25駐車場到着。駐車場のところに公園があり、少し遊んでから帰りました。

山頂にも、駐車場にも遊び場があり、子供が楽しめること間違いですし、登山時間も短いのでおススメです。

今回の山行で活躍した道具

子供登山装備

モンベルのベビーキャリアを使っています。家で試用した時から、乗るのを楽しんでくれて、きゃっきゃ楽しんだ後いつの間にか寝てくれます。ちゃんと固定すれば、横に傾けても子供が落ちる心配はありません。

kuromenboo.hatenablog.com

うちの子は帽子をかぶりたがらないので、サンシェイドで日除けしています。乗り降りの邪魔にならず、いい日除けです。ただ、高さが出るので木に引っかかりやすいので注意が必要です。

カメラバッグとして活躍している「ノースフェイス のカメラバッグ」、フロントバッグとして、子供用ドリンク、おやつなどすぐにアクセスできて便利です。

kuromenboo.hatenablog.com

登山装備

子供と登る場合、増して安全面に気を配った装備が必要になります。夏山ではスキンメッシュが重宝します。汗びえしないのはやはり良い。

何かあった時のお守りツェルト2ロング。テント代わりにもなるので、買っといて損なし。

kuromenboo.hatenablog.com

子供10kgを背負いこけることは許されない状況なので、信頼できるストックはあったほうがいいです。オススメはトレイルプロショックです。テント泊でも活躍しています。

kuromenboo.hatenablog.com

子供撮影機材

子供登山の時は撮影する余裕がないため持って行きませんでしたが、子供撮影や、登山ではα7Ⅲが大活躍しています。登山ではミラーレスで軽量ですし、寒冷地でも十分使用できます。子供撮影時は瞳AFの追尾機能が優秀でピント合いまくりです。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

子供撮影は単焦点が良く、いつもはSEL35F18を使っています今日は気分を変えてSEL55F18を持って行きました。

子供と登った山

子供と登った山の記録です。適度な距離で、何かあっても良いように人が多い場所を選択しています。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

その他関連記事

子供登山記事ではないですが、これまでの登山の記録です。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com