LIFE LOG(自然と遊ぶ)

自然と遊ぶ

登山の楽しさ、美しさを伝えたい。登山、写真。

石川県、福井県の子供と登山できる山のオススメ〜リュックに乗せて実際に登った山紹介〜

子供が1歳4ヶ月の時、2021年8月に登山デビューさせ、それから今に至るまで、冬は避けて月1ぐらいのペースで子供と一緒に登山をしてきました。子育てを妻に任せて1人で登る許可はあまり出ないので、私が登山をしたいがために子供を連れ出しての山登りです。子供にとっては嫌かなと思いながら始めましたが、リュックに乗るのが好きなので、楽しんでくれています。

子供と登れる山はどれなのか。これまでの登山経験から一緒に安全に登れる山を探して、たくさんの山に登ってきました。その山達を紹介しますので、子供との登山の参考にしてもらえたら嬉しいです。オススメ度は、2~6歳ぐらいの子供が登る場合で判断しています。

石川県在中なので、石川県、福井県富山県の山がメインです。f:id:kuromenboo:20220728215425j:image

子供と登る山の選定方法

子供も安全に登れる山の選び方の判断基準を紹介します。あくまで個人的な意見なので参考程度にしてください。この記事を書く時点では2歳4ヶ月で、リュックに搭乗してほとんど歩かない登山ですので、子供が歩けるかどうかの判断は私の個人的な意見です。

人気があるか、人が多いか

人気がある山は人が多く、登山道もきれいに整備されています。異常時、自分1人では対応できない時も、助けを求められる誰かがいれば安心です。また、整備された登山道であれば、転倒のリスクは少なく、木々に道が覆われてわかりにくいということもありません。子供と登ると子供に意識が集中するので、判断ミスも多くなりやすいので、道迷い等のリスクは少しでも少ない山がいいと思います。

歩行時間

4時間以内を目安にしています。長すぎると、騒ぎ出した時や異常時にすぐ帰れないので、下山2時間以内で選んでいます。歩行距離や獲得標高は、10kgのオモリを背負って自分が歩けるかによるので、特に気にしていません。

子供が歩けるか、危険がないか

人気がある低山は登山道が整備されており、大きな段差はなるべく少なく整えられ、危険もほとんどないため、子供でも歩きやすい山が多い印象です。岩場は無理なので選択外です。

石川県の山

白山★☆☆☆☆

北陸に住んでいれば、一度は登りたい山で、景色は最高ですが、子供と一緒に登るには難易度が高いのでオススメはしません。

  • オススメ度:★☆☆☆☆
  • 人の多さ:多い
  • 標準CT:8時間10分
  • 登山可能年齢:6歳〜。大人でもきつい山ですので、子供と登る時は泊まり前提で、しっかりとした準備が必要です。

kuromenboo.hatenablog.com

鞍掛山★★★★☆

地元に愛された山です。低山ながら、獅子岩からの眺めが良く好きな山です。小学生以上であれば、岩場道も楽しく登れそうです。

  • オススメ度:★★★★☆
  • 人の多さ:多い
  • 標準CT:2時間40分
  • 登山可能年齢:6歳〜。急な岩の登山道があり、しっかり歩ける子供なら楽しく登れます。

kuromenboo.hatenablog.com

水観音★★★★☆

登山口には水汲み場があり、山頂からは街並みを見下ろせて景色も良いし、時間も短いので、トライしやすい山だと思います。

  • オススメ度:★★★★☆
  • 人の多さ:多い
  • 標準CT:1時間30分
  • 登山可能年齢:3歳〜。階段が続く登山道なので、小さくてもサポートすれば登れると思います。

kuromenboo.hatenablog.com

清水山(憩いの森)★★☆☆☆

自然公園の中に一応山頂があるような山です。登山という点では物足りないので★は少ないですが、散歩であれば子供は十分楽しめます。

  • オススメ度:★★☆☆☆
  • 人の多さ:多い
  • 標準CT:1時間
  • 登山可能年齢:2歳ぐらい〜。自然公園なので、平坦な道が多く、歩ける年齢であれば問題ないです。

kuromenboo.hatenablog.com

西尾観音山★★★★☆

個人的に好きな山です。石切場、切った石の階段、多く並ぶ観音様と、見所満載の低山です。

  • オススメ度:★★★★☆
  • 人の多さ:少ないが登山道は立派
  • 標準CT:1時間30分
  • 登山可能年齢:2歳ぐらい〜。立派な石の階段が続く道なので、階段昇降ができれば楽しめます。

kuromenboo.hatenablog.com

寺尾観音山★★★★☆

登山道はしっかり整備されており、山頂に多く並ぶ観音様は見応えがあります。ハイキングに近い感じなので気軽に登れます。

  • オススメ度:★★★★☆
  • 人の多さ:普通
  • 標準CT:1時間
  • 登山可能年齢:2歳ぐらい〜。なだらかな傾斜が続く登山道なので、小さい子でも登れると思います。

f:id:kuromenboo:20220802211628j:image

kuromenboo.hatenablog.com

大倉岳★★★★☆

トレラン向きの登山道で非常に歩き安いですし、山頂の東屋でのんびりとできますし、ゲレンデは広々していて子供が歩いてくれました。駐車場の汽車も子供が好きなポイントです。

  • オススメ度:★★★☆☆
  • 人の多さ:普通
  • 標準CT:6時間、少し長いので、ゲレンデの往復からでもいいかもしれません。
  • 登山可能年齢:2歳ぐらい〜。トレラン向きの道で歩きやすい。

kuromenboo.hatenablog.com

後高山★★★★★

山頂にはゴンドラ駅があるので、一般の方々も大勢いますし、景色が良く、人工芝でソリも楽しめ、小さいながらキッズルームもあり、下山はゴンドラを使える楽さもとても良いです。

  • オススメ度:★★★★★
  • 人の多さ:多い
  • 標準CT:登りだけで1時間45分
  • 登山可能年齢:3歳〜。段差が大きいところもありますが、2歳でも歩ける部分はあります。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

福井県の山

立山★★★★★

とても人が多く安心ですし、駐車場が広いので基本は駐車可能です。白山の眺望良し、水芭蕉もあり、大滝も近くで見られる、低山ながら魅力の詰まった良い山です。

  • オススメ度:★★★★★
  • 人の多さ:多い
  • 標準CT:3時間20分
  • 登山可能年齢:3歳。傾斜は緩い場所が多く、2歳から歩ける所もありそうですが、急な場所もあるので、自分の足で全部は大きくなってから。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

赤兎山★★★★★

モリアオガエルの卵、ニッコウキスゲの花畑、美しい木道、山頂から避難小屋までの最高の景色、人が多いのも安心で良い山です。

  • オススメ度:★★★★★
  • 人の多さ:多い
  • 標準CT:3時間25分
  • 登山可能年齢:2歳。小さくても歩ける傾斜が多いです。

kuromenboo.hatenablog.com

私の装備紹介

子供登山装備

モンベルのベビーキャリアを使っています。家で試用した時から、乗るのを楽しんでくれて、きゃっきゃ楽しんだ後いつの間にか寝てくれます。ちゃんと固定すれば、横に傾けても子供が落ちる心配はありません。

kuromenboo.hatenablog.com

うちの子は帽子をかぶりたがらないので、サンシェイドで日除けしています。乗り降りの邪魔にならず、いい日除けです。ただ、高さが出るので木に引っかかりやすいので注意が必要です。

登山装備

子供と登る場合、増して安全面に気を配った装備が必要になります。夏山ではスキンメッシュが重宝します。汗びえしないのはやはり良い。

何かあった時のお守りツェルト2ロング。テント代わりにもなるので、買っといて損なし。

kuromenboo.hatenablog.com

子供10kgを背負いこけることは許されない状況なので、信頼できるストックはあったほうがいいです。オススメはトレイルプロショックです。テント泊でも活躍しています。

kuromenboo.hatenablog.com

撮影機材

カメラバッグとして活躍している「ノースフェイス のカメラバッグ」、フロントバッグとして、子供用ドリンク、おやつなどすぐにアクセスできて便利です。

kuromenboo.hatenablog.com

子供撮影や、登山ではα7Ⅲが大活躍しています。ミラーレスで軽量ですし、寒冷地でも十分使用できます。子供撮影時は瞳AFの追尾機能が優秀でピント合いまくりです。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

子供撮影は単焦点が多く、いつもはSEL35F18を使い、時々SEL55F18です。

心が震えた登山まとめ

これまでの登山の中で特に心が震えた登山のまとめ記録です。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

2歳の子供と白山登山〜ご機嫌に歌うウェイト〜(2022年7月)

寝たり歌ったり食べたりするウェイト(2歳の子供)を背負って、白山御前ヶ峰に日帰りで登ってきました。すれ違う人みんなにちやほやされ、完全にアイドル!みんなを笑顔にする、子供の力は偉大ですね。(子供が帽子を嫌がり被らせなかった結果、めっちゃ日焼けしてしまい大失敗でした。反省…)

場所:石川県

日程:2022年7月24日(日)

獲得標高:1480m

歩行距離:12.2km

登山時間:7時間50分

登山のハイライト

親子で登頂!f:id:kuromenboo:20220727215005j:image

やはりいい景色です。
f:id:kuromenboo:20220727215009j:imagef:id:kuromenboo:20220727215012j:image

日程と装備

ルート

(06:50駐車地→07:00市ノ瀬、07:30バス→07:50別当出合)07:55別当出合→10:45黒ボコ岩、11:20出発→12:25御前ヶ峰、13:00出発→15:45別当出合(16:10バス→16:25市ノ瀬→16:35駐車地)

登山時間:7時間50分(標準CT:8時間10分)

駐車場

市ノ瀬が満車のため、10分ぐらい下に駐車。白山人気ですね。車多すぎてどれだけバスに並ぶのかと不安でしたが、バス4台程いて30分ほど待てば乗れました。f:id:kuromenboo:20220727214505j:image

装備

  • 行動着上(インナー、半袖)

  • 行動着下(半ズボン)

  • 足元(3シーズン靴)

  • カメラ(α7Ⅲ、SEL1635F4)

  • ミニ三脚

  • ドリンク(2.5L)
  • 昼ごはん(パン)

  • おやつ(行動食、ゼリー)

  • 小物(ヘッドライト、救急セット)使用せず

  • ウィンドシェル、手袋(使用せず)

子供用準備

頂上が寒いかもと思い防寒着持っていきましたが、むしろ暑かったです。

  • ザック(モンベル、ベビーキャリア)
  • おやつ、ドリンク(1L)
  • 昼ごはん(素麺)
  • オムツ関係(オムツ、ウェットティッシュ、オムツ袋、オムツ交換用レジャーシート)
  • 着替え、防寒着(使用せず)

登山

06:50駐車地出発し、07:00市ノ瀬到着。激混みだけど、バス何分待ち…チケット買ってから並ぶ仕組みなのを知らず、少し時間を無駄にしました。f:id:kuromenboo:20220727214850j:image

07:30バスが何台も運行しており、待ち時間少なく乗れました。
f:id:kuromenboo:20220727214841j:image

07:55別当出合到着!
f:id:kuromenboo:20220727214858j:image

いざ、登山開始!車であまり朝ご飯食べなかったため、早速行動食のバーを一本食べました。
f:id:kuromenboo:20220727214822j:image

甚之助避難小屋到着、子供はどこにいるでしょう?ねむねむです。
f:id:kuromenboo:20220727214830j:image

すれ違う人みんなからちやほやされて、みんな微笑んでくれます。写真撮りましょうかと声をかけて頂き、記念写真。
f:id:kuromenboo:20220727214837j:image

クルマユリは好きな花。さすが花の百名山
f:id:kuromenboo:20220727214819j:image

10:45黒ボコ岩。
f:id:kuromenboo:20220727214908j:image

見晴らしの良い場所でおやつタイムです。(危なそうに見えますが、安全です)ここでママと言い出した時は引き返すことが頭をよぎりましたが、切り替えに成功しました。
f:id:kuromenboo:20220727214901j:image

11:20しっかりおっとっと食べて、出発です。f:id:kuromenboo:20220727214826j:image

歩くかと思ったここも、もちろんリュックの上です。
f:id:kuromenboo:20220727214854j:image

室堂は人でいっぱい。ここから御前ヶ峰まで以外にしんどいんですよね。
f:id:kuromenboo:20220727214846j:image

12:25御前ヶ峰到着!写真の列に並び撮影!カメラ2台持ちの方に撮って頂けました。
f:id:kuromenboo:20220727214810j:image

やはり何度登ってもいい景色ですね。この景色を見ながらお昼ご飯を食べていたのですが、虫が多く泣き泣きモード!
f:id:kuromenboo:20220727214813j:image
f:id:kuromenboo:20220727214834j:image

13:00すぐに片付けて下山します。登りの途中で足は攣りそうになっており、絶対にこけないように無理せず下山です。下りでも多くの人にちやほやされて、私も人気者になった気分です。笑

15:45別当出合到着。ここでも声をかけて頂き記念撮影。かなり疲弊していて、上手く対応できなかったかも…と思いましたが、疲れてない良い笑顔してました。笑
f:id:kuromenboo:20220727214905j:image

16:25市ノ瀬→16:35駐車地。

暑くないか、ちゃんと水分取れてるか、寝てるのはダウンしてるからじゃないよね?と注意しまくる必要があり、体力はいいとして気疲れした登山でしたが、念願の白山に一緒に登れて嬉しかったです。(帽子を嫌がりまぁいいかと思ってしまってましたが、かなり日焼けしてしまい、日焼け対策まで頭が回らなかったことだけが、心残りでした)

もう少し大きくなったら、今度は少しは歩いてもらって、一緒に登りたいですね。

今回の山行で活躍した道具

子供登山装備

モンベルのベビーキャリアを使っています。家で試用した時から、乗るのを楽しんでくれて、きゃっきゃ楽しんだ後いつの間にか寝てくれます。ちゃんと固定すれば、横に傾けても子供が落ちる心配はありません。

kuromenboo.hatenablog.com

うちの子は帽子をかぶりたがらないので、サンシェイドで日除けしています。乗り降りの邪魔にならず、いい日除けです。ただ、高さが出るので木に引っかかりやすいので注意が必要です。

カメラバッグとして活躍している「ノースフェイス のカメラバッグ」、フロントバッグとして、子供用ドリンク、おやつなどすぐにアクセスできて便利です。

kuromenboo.hatenablog.com

登山装備

子供と登る場合、増して安全面に気を配った装備が必要になります。夏山ではスキンメッシュが重宝します。汗びえしないのはやはり良い。

何かあった時のお守りツェルト2ロング。テント代わりにもなるので、買っといて損なし。

kuromenboo.hatenablog.com

ファイントラックのナノタオルは、汗を拭くのもよし、頭に巻くのもよし、帰りの温泉でタオル代わりにも使用可能。テント泊で2日使用しても臭くならない、必需品です。

kuromenboo.hatenablog.com

子供撮影機材

子供登山の時は撮影する余裕がないため持って行きませんでしたが、子供撮影や、登山ではα7Ⅲが大活躍しています。登山ではミラーレスで軽量ですし、寒冷地でも十分使用できます。子供撮影時は瞳AFの追尾機能が優秀でピント合いまくりです。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

今回のレンズはSEL1635F4です。

子供撮影は単焦点が良く、いつもはSEL35F18を使っています。

子供と登った山

子供と登った山の記録です。適度な距離で、何かあっても良いように人が多い場所を選択しています。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

その他関連記事

子供登山記事ではないですが、これまでの登山の記録です。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

2歳3ヶ月の子供と鞍掛山〜すやすや登山〜(2022年7月)

家からサクッと登れる鞍掛山へ、2歳の子供を連れて登山。登り出しは起きてましたが、すぐに寝て、下山するまで寝てました笑。低山ながら、獅子岩からの景色が良く好きな山です。

場所:石川県

日程:2022年7月18日(月)祝日

獲得標高:452m

歩行距離:3.5km

登山時間:1時間40分

登山のハイライト

山頂で下ろしても寝てる。f:id:kuromenboo:20220721220426j:image

獅子岩からの眺めは最高ですね。
f:id:kuromenboo:20220721220358j:image

日程と装備

ルート

14:15駐車場→15:00鞍掛山→15:10獅子岩→15:55駐車場

登山時間:1時間40分(標準CT:2時間40分)

駐車場

鞍掛山のメイン駐車場に駐車。朝は激混みですが、14時に到着したのでもうガラ空きです。f:id:kuromenboo:20220721220221j:image

装備

  • 行動着上(半袖)

  • 行動着下(半ズボン)

  • 足元(トレランシューズ)

  • ドリンク(0.8L+0.5L)

  • おやつ(行動食、ゼリー)
  • 小物(ヘッドライト、救急セット)使用せず

子供用準備

基本的には外出する時に持っていくものをそのままザックに入れるだけです。

  • ザック(モンベル、ベビーキャリア)
  • おやつ、ドリンク(お茶)
  • オムツ関係(オムツ、ウェットティッシュ、オムツ袋、オムツ交換用レジャーシート)
  • その他(着替え、ガーゼ)

登山

14:15駐車場出発。YAMAPの地図のダウンロードし忘れてましたが、よく整備された登山道で道も明確です。f:id:kuromenboo:20220721220239j:image

出発時は起きてましたが、すぐにおやすみ。ちょっと遅いお昼寝です。


f:id:kuromenboo:20220721220252j:image

f:id:kuromenboo:20220721220255j:image

中々の急登で滝汗がヤバいです。


f:id:kuromenboo:20220721220324j:image

f:id:kuromenboo:20220721220327j:image

15:00鞍掛山到着。貸切で白山まで見えましたし涼しい。大好きな獅子岩に向かいます。f:id:kuromenboo:20220721220426j:image

15:10獅子岩f:id:kuromenboo:20220721220408j:image
f:id:kuromenboo:20220721220358j:image

過去の写真ですが、ここから見るご来光は良かったです。ただ、この時にカメラを崖下に落としたのはいい思い出。取れる位置の木に引っかかって良かった。f:id:kuromenboo:20220721221512j:image

サクッと下山します。
f:id:kuromenboo:20220721220402j:image

15:55駐車場到着。お嬢様は何が起きたのか状況がわからないようで、あれ、登山は?という感じでした笑。登って降りてきたからお家帰るよ。
f:id:kuromenboo:20220721220405j:image

今回の山行で活躍した道具

子供登山装備

モンベルのベビーキャリアを使っています。家で試用した時から、乗るのを楽しんでくれて、きゃっきゃ楽しんだ後いつの間にか寝てくれます。ちゃんと固定すれば、横に傾けても子供が落ちる心配はありません。

kuromenboo.hatenablog.com

うちの子は帽子をかぶりたがらないので、サンシェイドで日除けしています。乗り降りの邪魔にならず、いい日除けです。ただ、高さが出るので木に引っかかりやすいので注意が必要です。

カメラバッグとして活躍している「ノースフェイス のカメラバッグ」、フロントバッグとして、子供用ドリンク、おやつなどすぐにアクセスできて便利です。

kuromenboo.hatenablog.com

登山装備

子供と登る場合、増して安全面に気を配った装備が必要になります。夏山ではスキンメッシュが重宝します。汗びえしないのはやはり良い。

何かあった時のお守りツェルト2ロング。テント代わりにもなるので、買っといて損なし。

kuromenboo.hatenablog.com

ファイントラックのナノタオルは、汗を拭くのもよし、頭に巻くのもよし、帰りの温泉でタオル代わりにも使用可能。テント泊で2日使用しても臭くならない、必需品です。

kuromenboo.hatenablog.com

子供撮影機材

子供登山の時は撮影する余裕がないため持って行きませんでしたが、子供撮影や、登山ではα7Ⅲが大活躍しています。登山ではミラーレスで軽量ですし、寒冷地でも十分使用できます。子供撮影時は瞳AFの追尾機能が優秀でピント合いまくりです。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

子供撮影は単焦点が良く、いつもはSEL35F18を使っています。

子供と登った山

子供と登った山の記録です。適度な距離で、何かあっても良いように人が多い場所を選択しています。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

その他関連記事

子供登山記事ではないですが、これまでの登山の記録です。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

2歳の子供と赤兎山登山〜ニッコウキスゲ咲く絶景ルート〜(2022年7月)

下界の気温は32度。山であれば涼しいと思ってましたが、暑かった…。子供は歩かないので、暑いながらも汗はかかず快適そうな顔をしてました。

木の上にあるモリアオガエルの卵、赤兎山の先に広がるニッコウキスゲの花畑と、気持ちの良い台地。赤兎山は低山ながらも見応え十分な良い山でした。

場所:福井県

日程:2022年7月2日(土)

獲得標高:556m

歩行距離:5.5km

登山時間:2時間50分+ランチ50分

登山のハイライト

モリアオガエルの卵。面白いですね。f:id:kuromenboo:20220707214338j:image

赤兎山の先にあるのはゴールデンルート。
f:id:kuromenboo:20220707214331j:image

この景色を見ながらどこまでも歩きたい。
f:id:kuromenboo:20220707214335j:image

ニッコウキスゲは咲き乱れてました。
f:id:kuromenboo:20220707214324j:image

一歩も歩かなかった娘。ご飯の時は降りると思っていたのだが…
f:id:kuromenboo:20220707214327j:image

日程と装備

ルート

10:20駐車場→11:50赤兎山→12:10避難小屋、50分ランチ、13:00出発→14:00駐車場

登山時間:2時間50分+ランチ50分(標準CT:3時間25分)

駐車場

メイン駐車場が埋まっていたため、少し戻った場所に駐車。このみちのゲートは7時〜17時のみの開放で有料(大人1人400円)です。f:id:kuromenboo:20220707213411j:image

メインは2箇所ありますが、ほぼ埋まってました。下山する人もいたので、待てば空いたかも?


f:id:kuromenboo:20220707213459j:image

f:id:kuromenboo:20220707213456j:image

装備

  • 行動着上(半袖)

  • 行動着下(半ズボン)

  • 足元(トレランシューズ)

  • ドリンク(0.8L)

  • 昼ごはん(パン、冷麺、行動食)
  • 小物(ヘッドライト、救急セット)使用せず

子供用準備

基本的には外出する時に持っていくものをそのままザックに入れるだけです。

  • ザック(モンベル、ベビーキャリア)
  • おやつ、ドリンク(お茶)
  • オムツ関係(オムツ、ウェットティッシュ、オムツ袋、オムツ交換用レジャーシート)
  • その他(着替え、ガーゼ)

登山

10:20駐車場スタートして、20分で登山口に到着。f:id:kuromenboo:20220707213625j:image

良い感じの森の中を進みます。
f:id:kuromenboo:20220707213658j:image

子供でも歩きやすい道なのですが、
f:id:kuromenboo:20220707213622j:image

リュックから降りるそぶりなく寝ました。
f:id:kuromenboo:20220707213655j:image

お、モリアオガエルの卵。池の中にはすでに孵化したオタマジャクシがいました。
f:id:kuromenboo:20220709220521j:image

ジュース飲む時ぐらい降りれば?山は涼しいかと思いきや暑いので、熱中症じゃないかこまめにチェック、水分補給は重要です。
f:id:kuromenboo:20220707213606j:image

開けてきたら、
f:id:kuromenboo:20220707213746j:image

11:50赤兎山到着。
f:id:kuromenboo:20220707213559j:image

白山が綺麗に見えます。かなり暑いのでもう引き返そうかと思いましたが、他のレポでは花畑が見れるらしいので、避難小屋方向に向かいます。
f:id:kuromenboo:20220707213635j:image

めっちゃ良い道!f:id:kuromenboo:20220707213729j:image
f:id:kuromenboo:20220707213712j:image

ニッコウキスゲのお花畑です。f:id:kuromenboo:20220709220928j:image

危うく山頂で引き返す所でしたが、山頂〜避難小屋の道が最高です。
f:id:kuromenboo:20220707213715j:image

沢山咲いてます。
f:id:kuromenboo:20220707213602j:image

避難小屋までもう少し。f:id:kuromenboo:20220709221414j:image

池塘の周りにもニッコウキスゲが咲き、素晴らしい景色です。
f:id:kuromenboo:20220709221411j:image

12:10避難小屋到着。ランチタイムにします。
f:id:kuromenboo:20220707213719j:image

まさかのご飯の時も降りようとせず、リュックの上でご飯。
f:id:kuromenboo:20220707213619j:image

13:00下山開始。赤兎山に戻る道も美しいですね。
f:id:kuromenboo:20220707213640j:image

ご機嫌に歌っている時もありましたが、気持ちよさそうに寝ていきました。大事なチーズを落としたのに気づいて良かったです。


f:id:kuromenboo:20220709221718j:image

f:id:kuromenboo:20220709221723j:image

駐車場に到着!水が出てるのがありがたい。子供のことは気遣いまくりでしたが、自分の管理が疎かになり、水分不足でした…美味い水を一気飲み。


f:id:kuromenboo:20220709221821j:image

f:id:kuromenboo:20220709221817j:image

14:00車に到着。一歩も歩かなかったね。笑
f:id:kuromenboo:20220707213612j:image

赤兎山山頂から避難小屋までの道がとにかく最高でした。大長山など、縦走ルートは複数あったので、行ってみたくなる良い景色でした。

今回の山行で活躍した道具

子供登山装備

モンベルのベビーキャリアを使っています。家で試用した時から、乗るのを楽しんでくれて、きゃっきゃ楽しんだ後いつの間にか寝てくれます。ちゃんと固定すれば、横に傾けても子供が落ちる心配はありません。

kuromenboo.hatenablog.com

うちの子は帽子をかぶりたがらないので、サンシェイドで日除けしています。乗り降りの邪魔にならず、いい日除けです。ただ、高さが出るので木に引っかかりやすいので注意が必要です。

カメラバッグとして活躍している「ノースフェイス のカメラバッグ」、フロントバッグとして、子供用ドリンク、おやつなどすぐにアクセスできて便利です。

kuromenboo.hatenablog.com

登山装備

子供と登る場合、増して安全面に気を配った装備が必要になります。夏山ではスキンメッシュが重宝します。汗びえしないのはやはり良い。

何かあった時のお守りツェルト2ロング。テント代わりにもなるので、買っといて損なし。

kuromenboo.hatenablog.com

ファイントラックのナノタオルは、汗を拭くのもよし、頭に巻くのもよし、帰りの温泉でタオル代わりにも使用可能。テント泊で2日使用しても臭くならない、必需品です。

kuromenboo.hatenablog.com

子供撮影機材

子供登山の時は撮影する余裕がないため持って行きませんでしたが、子供撮影や、登山ではα7Ⅲが大活躍しています。登山ではミラーレスで軽量ですし、寒冷地でも十分使用できます。子供撮影時は瞳AFの追尾機能が優秀でピント合いまくりです。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

子供撮影は単焦点が良く、いつもはSEL35F18を使っています。

子供と登った山

子供と登った山の記録です。適度な距離で、何かあっても良いように人が多い場所を選択しています。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

その他関連記事

子供登山記事ではないですが、これまでの登山の記録です。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

モンベルのベビーキャリアを登山で使用したレビュー

子供ができ、登山に行く頻度がかなり減りました…これは仕方がないですね。しかし!子供を背負って2人で登れば、妻は家でゆっくりできますし、私も登山に行けるので一石二鳥!

ということで、子供が1歳4ヶ月の時にモンベルのベビーキャリア」を新品で購入し、2022年8月時点の2歳3ヶ月まで、私と子供の2人で10回程登山で使用した感想をレビューします。

結論は、商品に関して少し不満はありますが、子供は乗るのを楽しんでくれてますし、私は登山を楽しめますし、買って良かったです。これがなければ一緒に登山にも行けないですからね。f:id:kuromenboo:20220622215050j:image

仕様

モンベルに記載の情報です。(詳細はホームページをどうぞ)

  • 重量:2.35kg
  • 適応体重:9~16kg (9ヶ月〜3歳)
  • サイズ:65×31×33cm
  • 容量:26L(収納部)
  • 背面寸法:44~54cm
  • 素材本体:100デニール・ナイロン・トリプルリップストップ
  • 素材接触部:ポリエステル3Dメッシュ
  • フレーム:アルミ二ウム合金

webshop.montbell.jp

収納容量

26L収納可能!見た目以上に入ります。春夏秋の日帰りであれば、自分の装備と子供の荷物を詰めても余裕があります。

上側収納、仕切りあり。f:id:kuromenboo:20220622211344j:image

下側メイン収納、普段使っているマザーズバックがすっぽり入ります。


f:id:kuromenboo:20220622211356j:image

f:id:kuromenboo:20220622211353j:image

背負い心地

背面寸法:44~54cm(夫婦で使うことを想定した調整幅)。参考になるかわかりませんが、175cm、体重65kgの私は1番上の54cmでちょうど良いです。

子供が乗っても、後ろ重心になることなく、振られる感じもそんなになく、背負いやすいと思います。20kg近くのテント泊装備の方がよっぽど振られます。笑f:id:kuromenboo:20220622211741j:image

子供環境

座る場所

子供が座る場所は、ソフトな肌触りの通気性の良いメッシュ生地で、暑がりな子供には適した生地です。固定は、両肩、両脇、そして左右大きめの覆いで、横に振っても落ちそうな感じはないように思います。f:id:kuromenboo:20220622211955j:image

前側、後側の長さは調整可能です。


f:id:kuromenboo:20220622212025j:image

f:id:kuromenboo:20220622212022j:image

心地よさ

乗ると気持ち良いのか、すぐに寝てくれるため、登山以外でも寝かしつけに便利です。

これが1番の不満点なのですが、子供が2歳(ミニサイズ)でも、首から上が横に出てしまい、非常に寝にくそうです。登山中も首がだらんとして変な姿勢にならないかが、1番心配することです。

ネックピローをつけることで、首が変に曲がることはないのですが、大きくなると早々に嫌がってつけさせてくれなくなりました。f:id:kuromenboo:20220622215115j:image

サンシェイド

子供が小さい頃は、帽子を嫌がったので必須でつけていましたが、帽子を被ればいらないかもしれません。ただうちの場合は、帽子を被っていても途中で嫌がることもあるので、保険として付けています。自分の頭の高さより出るため、あると木に引っかかりやすいのは、仕方ないですね。

別売りの後付けですが、ザックの差し込み口に入れて、パッチンと固定するだけで簡単です。


f:id:kuromenboo:20220622211941j:image

f:id:kuromenboo:20220622211938j:image

その他不満点

ハイドレーション入れがないため、ドリンクホルダーを後付けして水分補給をする必要がある点です。ハイドレーションに慣れた私としては少し困りものです。ただし、2022年8月時点の最新版では、背中と子供の間にハイドレーションを取り付けできるようになっていますので、中古ではなく最新版の購入をオススメします。

結論(まとめ)

子供と登山に行けるので買ってよかったです。子供と登山に行けば、妻は家でゆっくりできて一石二鳥ですし、家での寝かしつけでも活躍しています。

子供が楽しそうなのが1番で、家でも引っ張り出してきて乗りたがります。f:id:kuromenboo:20220622215130j:image

イマイチに感じた点は、寝た時に首の収まりが悪い点です。前にうつ伏せの時はいいですが、横にだらんとなる時は、ぬいぐるみなど挟んでどうにかしてますが、気を使います。

山行で活躍する道具たち

子供登山装備

モンベルのベビーキャリアを使っています。家で試用した時から、乗るのを楽しんでくれて、きゃっきゃ楽しんだ後いつの間にか寝てくれます。ちゃんと固定すれば、横に傾けても子供が落ちる心配はありません。

帽子でも良いですが、サンシェイドもあるとより安心して日除けできます。乗り降りの邪魔にならず、いい日除けです。ただ、高さが出るので木に引っかかりやすいので注意が必要です。

カメラバッグとして活躍している「ノースフェイス のカメラバッグ」、フロントバッグとして、子供用ドリンク、おやつなどすぐにアクセスできて便利です。

kuromenboo.hatenablog.com

登山装備

ファイントラックのナノタオルは汗拭きに良いですし、濡らして体を拭いても気持ち良く、乾くのは早いしで重宝しています。

kuromenboo.hatenablog.com

子供と登る場合、増して安全面に気を配った装備が必要になります。夏山ではスキンメッシュが重宝します。汗びえしないのはやはり良い。

何かあった時のお守りツェルト2ロング。テント代わりにもなるので、買っといて損なし。

kuromenboo.hatenablog.com

子供撮影機材

子供登山の時は撮影する余裕がないため持って行きませんでしたが、子供撮影や、登山ではα7Ⅲが大活躍しています。登山ではミラーレスで軽量ですし、寒冷地でも十分使用できます。子供撮影時は瞳AFの追尾機能が優秀でピント合いまくりです。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

子供撮影は単焦点が良く、いつもはSEL35F18を使っています今日は気分を変えてSEL55F18を持って行きました。

子供と登った山

子供と登った山のまとめ記録です。適度な距離で、何かあっても良いように人が多い場所を選択しており、ぜひ子供との登山の参考にして下さい。

kuromenboo.hatenablog.com

その他関連記事

子供登山記事ではないですが、これまでの登山の記録です。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com