LIFE LOG(自然と遊ぶ)

自然と遊ぶ

登山の楽しさ、美しさを伝えたい。登山、写真。

ツェルトでテント泊〜ツェルト2ロング〜

ツェルト2ロングを、2019年5月24日の蝶ヶ岳使用して、テント泊をしてきたので、その感想をまとめます。

結論としては、十分快適に寝れたので、夏山では率先してツェルト泊を活用していきます!また、緊急時のお守りとしても活躍してます。

ツェルト仕様(カタログ値と所感)

ツェルト:ツェルト2ロング(finetrack)

設営寸法:長さ220cm、幅100cm、高さ95cm(快適に寝転がれる寸法です)

重量:340g

使用人数:カタログでは2〜3人(快適に使うなら1人だと感じました)www.finetrack.com

ツェルト泊

設営条件に左右されにくい、ストックを使用した設営でツェルト泊を行いました。f:id:kuromenboo:20201118204817j:image

設営に使用した道具

ツェルト泊をする時は、ツェルト以外にも少し道具が必要になります。必要性などの詳細は次項で説明します。

  • ツェルト(ツェルト2ロング)
  • グランドシート(何でもOK。テントの付属品のシート使用)
  • ストック(トレイルプロショック。長さ調整が出来るものを使用)
  • 張紐(自在付き)

ツェルトと張紐はセットで袋に入れてます。f:id:kuromenboo:20201123210851j:image

設営方法

グランドシート設置。

ツェルトの底面は、紐で結んで止まっているだけなので、少し隙間ができます。地面が濡れていたりすると中まで濡れてしまうので、グランドシートを敷くのが良いと思います。テント用のグランドシートを使いましたが、何でも良いと思います。

 

ツェルトを広げて、底面を結んで連結

ツェルト2ロングの底面は、開いているおり、結んでつなげる構造です。つなげた状態でグランドシートの上に設置します。風で飛ばされないよう、ツェルトの中にザックを突っ込みます。f:id:kuromenboo:20201118204656j:image

 

ストックを立て、張紐で張ってツェルトを持ち上げる。

説明書では、ストックの持ち手側が上になっていましたが、上手く固定できなかったので、持ち手を下にして張りました。長さを微調整できるストックなので、あまり苦労せず張れました。f:id:kuromenboo:20201118204817j:image

 

張紐を石や楔で固定する。

テントと同じです。張紐に自在を取り付けており、ループを作って石を通して固定しました。f:id:kuromenboo:20201118204835j:image

 

追加で数カ所張紐で張り、ツェルトの容量を増やす。

やれば良かったと思った内容です。最低限の張紐だと風の影響でツェルトが潰れて中が狭くなってしまいます。横側を張ることでより快適な環境になるでしょう。f:id:kuromenboo:20201118204918j:image

使用した環境

日付:2019年5月24日

場所:蝶ヶ岳

天候:晴れ、風速8mぐらい

気温:夜の気温は未計測ですが、寝た時の装備から考えると5度ぐらいだと思います。

移住性能、耐久性能

設営寸法:長さ220cm、幅100cm、高さ95cmなので、身長175cm、体重65kgの私でも、快適に眠れる空間でした。荷物を適当に配置しても問題なし。2人で泊まろうと思えば可能なレベルだと思います。高さは少し低めで背筋伸ばして座ると頭が擦れます。

下記装備で就寝しましたが、寒くなく、とても快適でした。テントと比べて寒さは変わらない印象です。

服装:象足、ダウン上下

寝具:ダウンハガー800#3、サーマレストネオエアーXライト

前室はないため、靴は中に入れました。雨の日とかの場合はビニール袋を敷くなどの対応が必要でしょう。

結露については、今回は湿気はあまりない環境だったので特に問題なしでした。

特に心配だったのは、風で飛ばされないかです。ストックだけでは防風性能は低いと感じました。ストックがずれることはなかったのですが、構造上ずれやすいので、強風でとばされるリスクはあると感じました。

結論

ツェルト2ロングを購入して良かったです。金額は高めで、買うかどうか悩みましたが、緊急時のお守りとしていつもザックに入れていますし、夏場は軽量テントとして活用できるので、汎用性は高いです。

このツェルト2ロングにした理由は、安心のfinetrack品だからというのが大きいです。金額は高いですが良いものを作っているので、これであればテント代わりにも使えると確信があり、こいつに決めました。よかったです。

使用した時の記録

蝶ヶ岳でのツェルト泊。テントを持って行きましたが、良い機会だったので、ツェルト泊してみました。

kuromenboo.hatenablog.com

 

登山ではこの方法でカメラを携行しておりますが、非常に便利です。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com