LIFE LOG(自然と遊ぶ)

自然と遊ぶ

登山の楽しさ、美しさを伝えたい。登山、写真。

シェイクスピア氷柱群〜ラッセルの先に鎮座する氷瀑たち〜(2017年1月)

寒気の入った今だからこそ、関西最大級の氷瀑シェイクスピア氷柱群へ!

シェイクスピア劇場といわれる巨大な氷瀑は、ただただ凄くて、自然の素晴らしさ、美しさを感じられました。外から見ても、中から見ても下から見ても、綺麗です。

※ルートは不明確で、凍った岩をロープを掴んで登ったり、落ちたら20mぐらい滑りそうなトラバース多数あり、危険なバリエーションルートです。

場所:奈良県

日程:2017年1月25日(水)

獲得標高:904m

歩行距離:5.5km

登山時間:6時間

出会った自然の美しさ

シェイクスピア氷柱群。圧巻です。f:id:kuromenboo:20210915215043j:image

正面リア王。美しい造形美。f:id:kuromenboo:20210915215038j:image

氷瀑を下から見る。
f:id:kuromenboo:20210915215045j:image

裏側から見ると氷柱のカーテンのよう。シェイクスピア劇場と云われる所以を感じます。
f:id:kuromenboo:20210915215049j:image

日程と装備

ルート

07:30駐車地→11:10シェイクスピア氷柱群、50分鑑賞→12:00出発→13:30駐車地

登山時間:6時間(標準CT:?)f:id:kuromenboo:20210924215732j:plain

駐車場

通行止めの空きスペースに駐車。ここまでに道路凍結箇所があったので、スタッドレスタイヤ必要です。


f:id:kuromenboo:20210915214850j:image

f:id:kuromenboo:20210915214847j:image

装備

  • 行動着上(長袖、ソフトシェル)

  • 行動着下(長ズボン、ハードシェル)

  • 足元(3シーズン靴、ゲーター、アイゼン)

  • 手袋(インナー、アウター)

  • ピッケル

  • ヘルメット(氷柱対策)

  • カメラ(α6000、SEL1650F3.5-5.6)

  • スノボーウェア上、使用せず

  • ドリンク(ペットボトル)帰る頃には少し凍ってた

  • 小物(救急セット、ヘッドライト)

登山

実の所、雪山登山初めての私。無知とは怖いもので、行きたいがためにこの氷瀑を選択しました。

07:30駐車地出発。30〜50cm程の新雪により、昨日以前のトレースはない状態です。先行者がいて本当に良かったと思いながら、トレースを辿ります。f:id:kuromenboo:20210915214732j:image

先行者のトレースが間違えており、林道に道なりに進んで行き止まりまで行っちゃいました。f:id:kuromenboo:20210927215337j:image

途中で山の斜面側に登るルートが正解です。トレースがなかったらわからないかもしれません…

f:id:kuromenboo:20210915214805j:plain
f:id:kuromenboo:20210915214818j:plain

トレースがとてもありがたい。f:id:kuromenboo:20210915214827j:image

りとなると膝まで埋まり、中々のラッセルですが、楽しい!
f:id:kuromenboo:20210915214718j:image

普通に進めてしまったため、タイミングを逃していましたが、今更アイゼンを装着します。また、先頭を抜いてしまい、トレースなき道を進むことになりました。道間違えたらごめんなさい、私の跡は追わないでという気持ちでいっぱいです。

新雪は多いですが軽いパウダーで、ラッセルを楽しみながら進みます。

f:id:kuromenboo:20210915214705j:plain
f:id:kuromenboo:20210915214721j:plain

正直道はわかりませんが、何とか目印を追って進みます。f:id:kuromenboo:20210915214713j:image

目印のサルノコシカケです。ここまでは目印があった為迷うことなく進めましたが、問題はその先です。
f:id:kuromenboo:20210915214813j:image

雪が深すぎて道は完全にわかりません。さらに、パウダーは少し重くなり、、直登のラッセルは身長ぐらい積もってると感じるレベルで、もう笑うしかない状況。

f:id:kuromenboo:20210915214700j:plain
f:id:kuromenboo:20210915214746j:plain

何とかGPSを頼りに進み、氷瀑が見えた!これをシェイクスピアと信じて突き進むも違うという…途中でGPSを確認すべきでしたが、雪が深すぎて携帯を取り出すのも大変だったので、怠ってしまいました。f:id:kuromenboo:20210915214628j:image

シェイクスピアから見て右側にある氷瀑に到着。近づくにつれて、何か違うなと思ってましたが、ここまできたからには最接近します。
f:id:kuromenboo:20210915214653j:image

十分凄い、カチンコチンに凍った氷瀑です。
f:id:kuromenboo:20210915214640j:image

遠くにシェイクスピアらしき氷瀑が見えます。道は間違えていますが、何とかトラバースで行けそうです。いざ、シェイクスピア氷瀑群目指して雪の中へ!
雪は重くなり、進みづらい…f:id:kuromenboo:20210927220458j:image

気合いで突き進み、何とか氷柱群に辿りつくことができました。

11:10シェイクスピア氷柱群到着。中央がリア王f:id:kuromenboo:20210915214815j:plain

左側ハムレットf:id:kuromenboo:20210915214757j:plain

右側マクベスアイスクライマーの方々は、好きな氷瀑を登れます。f:id:kuromenboo:20210915214735j:plain

リア王の中へ!これがシェイクスピア劇場の開幕と言われる所以なのでしょうか。カーテンのような氷瀑が美しい。f:id:kuromenboo:20210915214836j:plain

私が一番乗りだったので静かにこの空間を楽しみます。f:id:kuromenboo:20210915214833j:plain

滝の中に氷のお地蔵さんがいました。
f:id:kuromenboo:20210915214716j:image

少し水は流れており、その水が垂れた下には丸い氷の粒。天然のビー玉?面白い自然現象です。

f:id:kuromenboo:20210915214821j:plain
f:id:kuromenboo:20210915214743j:plain

滝の外へ。氷瀑を真下から見ると中々の迫力!くずれないでよー。
f:id:kuromenboo:20210915214759j:image

ボチボチ人がやってきました。リア王が1番美しいですね。
f:id:kuromenboo:20210915214740j:image

全体収めたつもりがハムレットが木に隠れちゃいました。
f:id:kuromenboo:20210915214751j:image

12:00名残惜しくも帰ります。
f:id:kuromenboo:20210915214839j:image

安全を考えると、登ってきた人のトレースを辿るのですが、雪がてんこ盛り積もっているため行けるだろうと直線下山!パウダーを突き進みます。
f:id:kuromenboo:20210915214648j:image

雪山の下山って気持ちいいよね。

f:id:kuromenboo:20210915214727j:plain
f:id:kuromenboo:20210915214802j:plain

掘ってみると1mぐらい積もってました。f:id:kuromenboo:20210915214824j:image

帰りはトレースがあるので楽々です。さくっと下山です。

f:id:kuromenboo:20210915214808j:plain
f:id:kuromenboo:20210915214631j:plain

13:30駐車地。

今思うと危険だからやめろと言いたいのですが、この当時、私は雪山登山の経験はなく、初陣がこのシェイクスピア氷柱群でした。初っ端一般登山道ではない、道も不明瞭な場所に行けたのはただ運が良かってだけですね。

ただ、圧倒的に美しく、危険度はそこまで高くないのでおすすめです。

今回の山行で活躍した道具

カメラ装備

カメラバッグは自力で編み出した方法で使っていますが、本当に便利です。

ノースフェイスのカメラバッグ

α6000(APS-C)小さい分登山では使いやすいけど、フルサイズの方が良いですね。

EPZ1650F3.5-5.6標準ズームレンズ。小型なのはいいですが、写りはイマイチです。

α6000の次は、フルサイズが良かったのでα7Ⅱに買い替え、その後α7Ⅲにしています。

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

登山装備

値段は高いが、それに見合う素晴らしいソフトシェル。防水ではないですが、防風性能は高く、よっぽどの爆風でない限り雪山でも活躍しています。4年使っても新品同様の丈夫さ。

関西から行くおすすめの山行

雪山登山のおすすめの場所。kuromenboo.hatenablog.com

沢登りのおすすめの場所。kuromenboo.hatenablog.com

これまでに出会った絶景

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com