LIFE LOG(自然と遊ぶ)

自然と遊ぶ

登山の楽しさ、美しさを伝えたい。登山、写真。

小矢部川、瀬戸の長瀞峡沢登り〜初心者向けの泳ぎ沢〜

梅雨時、泳げる沢なら増水した方が楽しいのでは?という考えで、北陸では珍しい泳げる沢、長瀞峡に行ってきました。

梅雨時にも関わらず、逆に水が少なくて残念でしたが、ゴルジュは中々立派。ただ、滝がないので私にとっては物足りない…危険度の少ない、初心者向けの沢です。

■登攀要素:全くなし!滝なし。

■下山:沢からすぐ林道で楽々下山。

■靴のソール:ラバーとフェルトはどちらでも可。

■服装:泳ぎが多いため、ウェットスーツ必要。

レベル:沢1級(個人的なランク付け、水量による)

オススメ度:★★☆☆☆(水量が少なかったのでこの評価です。多いと楽しいかも?)

場所:富山県

日程:2021年7月4日(日)

人数:2人

所要時間:3時間

心に残る自然との対峙

中々の大ゴルジュ。川浦渓谷の廊下が思い出される景色です。f:id:kuromenboo:20210707220209j:image

ゴルジュを泳いで突破するのは気持ち良い。
f:id:kuromenboo:20210707220412j:image

支流にあった小さい滝ですが、滝裏から見る景色は面白い。

f:id:kuromenboo:20210707220328j:plain
f:id:kuromenboo:20210707220317j:plain

計画

ルート

06:20駐車地、即入渓→初めは沢歩き→07:10泳ぎ箇所出てくる→08:40二股で終了→08:50林道→09:20駐車地

登山時間:3時間f:id:kuromenboo:20210708212041j:plain

駐車場

広い駐車スペースに停めました。f:id:kuromenboo:20210707220313j:image

装備

  • 服装上(インナー、セミドライスーツ
  • 服装下(セミドライスーツ、半ズボン)
  • 足元(沢タビ)
  • 防水カメラ
  • ヘルメット
  • ザック内、防水インナ
  • ドリンク(1.0L)0.5L使用
  • 緊急用(ツェルト、タオル、緊急セット)使用せず

沢道具(持っていきましたが全て使用せず。水量が多いと、ロープいるかも?)

  • ハーネス
  • ザイル、30m,8mm
  • カラビナ
  • エイト環
  • マイクロトラクションプーリー
  • スリング(2m,2個)

沢登

06:20駐車地から即入渓。右岸から楽に降りられます。f:id:kuromenboo:20210707220249j:image

少し進むと堰堤。頑張れば登れそうですが、難しそう…
f:id:kuromenboo:20210707220057j:image

少し戻ったところから安全に巻きます。何となくですが踏み跡がありました。

f:id:kuromenboo:20210707220145j:plain
f:id:kuromenboo:20210707220306j:plain

堰堤越えた所にモリアオガエルの卵(泡巣)。水の上の木に産卵し、孵化したら下の水に落ちておたまじゃくしが泳ぎ出す仕組み。f:id:kuromenboo:20210707220123j:image

すぐに泳ぎかと思ってたら、沢歩きが結構長い。今日は水量が少ないよう。

f:id:kuromenboo:20210707220256j:plain
f:id:kuromenboo:20210707220044j:plain

入渓から50分。07:10やっと泳ぎポイントまできました。川浦渓谷の廊下が思い出される、中々のゴルジュです。f:id:kuromenboo:20210707220209j:image

ちょっと楽しくなって来ました。勢いは強くないため、普通に泳いで突破。
f:id:kuromenboo:20210707220138j:image

流れ強そうに見えますが、そんなに強くないです。
f:id:kuromenboo:20210707220302j:image

小さな滝!壁に囲まれたゴルジュは続きます。楽しいよ!
f:id:kuromenboo:20210707220040j:image
f:id:kuromenboo:20210707220149j:image

泳ぎは続く。ウェットスーツじゃなかったら死ねる冷たさだと思います。
f:id:kuromenboo:20210707220114j:image

このような流れの中を進みます。滝があれば良い沢だと思います。
f:id:kuromenboo:20210707220236j:image

へつりの難易度も高くありません。初心者にとっては丁度良く楽しめそうです。
f:id:kuromenboo:20210707220205j:image

昔は凄まじい水量だったのか、昔の流れが削り取った地形を見るとワクワクします。f:id:kuromenboo:20210707220126j:image

流されたとしても滝はないですし、流れに負ける強さでもないので、危険度は低いです。
f:id:kuromenboo:20210707220153j:image

支流の滝。
f:id:kuromenboo:20210707220217j:image

滝裏に入れるのは楽しい!直撃すると首がやられそうなので、控えめにシャワーを浴びます。

f:id:kuromenboo:20210707220130j:plain
f:id:kuromenboo:20210707220328j:plain

ここから、泳ぎはなくなってきます。f:id:kuromenboo:20210707220244j:image

どんなアドベンチャールートなのかと思う吊り橋。足場完全欠落ルートです。笑
f:id:kuromenboo:20210707220141j:image

流れは弱くなり、沢歩きとのんびり泳ぎになってきました。

f:id:kuromenboo:20210707220221j:plain
f:id:kuromenboo:20210707220053j:plain

08:40二股で遡行終了。もう終わり?という印象で、ゴルジュ地帯は1時間ぐらいで短めでした。f:id:kuromenboo:20210707220202j:image

少し戻って左岸にあるルンゼから林道に向かいます。
f:id:kuromenboo:20210707220240j:image

08:50林道。そんなにやぶもなく、たったの10分で林道に出ました。下山が楽なのも初心者に丁度良い!
f:id:kuromenboo:20210707220102j:image

林道の途中にお地蔵さん。綺麗なお花が供えられていて、手入れしている方がいるのに驚きです。
f:id:kuromenboo:20210707220110j:image

楽な下山ルートです。f:id:kuromenboo:20210707220049j:image

09:20駐車地。3時間と短く、その中でも楽しいゴルジュ地帯は1時間ほど。物足りません!ということで、急遽もう一つ別の沢に行くことにしました。笑

活躍した沢登り道具

沢登り装備は色々試してきて、自分に合った装備がわかってきました。 kuromenboo.hatenablog.com

私が使っている防水リュックはこれです。完全防水で水は入ってきませんし、重量が軽いので、沢登り以外にも使い勝手がよく日帰り登山ではよく使ってます。

沢靴はラバーソールのこれです。安いのは良かったですが、ソールが薄いので長時間歩くと足裏が痛くなります。指が割れた靴下使ってます。

kuromenboo.hatenablog.com

ハーネスはロッククライミング用がオススメです。強度も高く、カラビナをかける場所も最適化されてるし、重さは気になりません。

ロープで確保しながら登るとき用のマイクロトラクション。滑りが抜群に良く、小さいので買って良かった一つです。ロープに固定し、登る側には動くが、落ちる側では止まり、安全を確保できます。

沢で使っている防水カメラはこれです。大きな不満はなく、マクロ撮影もできて便利です。

kuromenboo.hatenablog.com

過去記事

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com
kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com