LIFE LOG(自然と遊ぶ)

自然と遊ぶ

登山の楽しさ、美しさを伝えたい。登山、写真。

医王山の菱池谷(へしけたに)沢登り〜緑のゴルジュ〜

長瀞峡の沢登りで物足りず、沢のハシゴで、すぐ近くの菱池谷に来ました。

初めは、北陸の沢らしい暗めの沢で蜘蛛の巣ラッシュ(嫌いです…)。最後にいくつか登りごたえのある滝が出てきて楽しめます。

■登攀要素:慣れている人なら問題ないですが、初心者だと難しい滝あり。

■下山:どの枝沢を詰めるかによって変わります。林道を使えるので楽ですが、そこまでの藪漕ぎは少ししんどい。

■靴のソール:ラバーとフェルトはどちらでも可。

■服装:天気が悪かったので、ウェットスーツが丁度良かったです。基本水に浸からなくても行けますが、シャワー登攀もあるので、ウェットスーツ無しだと寒いかもしれません。

レベル:沢2級(個人的なランク付け、水量による)

オススメ度:★★★☆☆

場所:石川県

日程:2021年7月4日(日)

人数:2人

所要時間:4時間

心に残る自然との対峙

緑の領域が、とても美しかった。f:id:kuromenboo:20210709220215j:image

核心のチョークストーン滝。落ちても下は深いので安心して攻めれる。
f:id:kuromenboo:20210709220125j:image

最後の藪漕ぎ、これも沢登りの醍醐味?
f:id:kuromenboo:20210709220212j:image

計画

ルート

10:20駐車地→11:50大きめな滝ゾーン→12:40遡行終了、藪漕ぎ開始→13:20林道→14:20駐車地

登山時間:4時間f:id:kuromenboo:20210708213306j:plain

駐車場

入渓地点すぐそばの、橋の近くの空きスペースに駐車しました。3台ぐらいは停められます。f:id:kuromenboo:20210712134418j:image

装備

  • 服装上(インナー、セミドライスーツ
  • 服装下(セミドライスーツ、半ズボン)
  • 足元(沢タビ)
  • 防水カメラ
  • ヘルメット
  • ザック内、防水インナ
  • ドリンク(0.5L)0.2Lぐらい使用
  • 緊急用(ツェルト、タオル、緊急セット)使用せず

沢道具(持っていきましたが全て使用せず。初心者がいる場合、ロープあった方が良いと思います)

  • ハーネス
  • ザイル、30m,8mm
  • カラビナ
  • エイト環
  • マイクロトラクションプーリー
  • スリング(2m,2個)

沢登

10:20駐車地出発。あれが遡行する沢です。f:id:kuromenboo:20210709220158j:image

左岸の沢横にある踏み跡を少し進んでから入渓します。
f:id:kuromenboo:20210709215952j:image

初めは大きい滝はこれといってなく、北陸らしい暗めの沢で、蜘蛛の巣だらけです…。

f:id:kuromenboo:20210709220038j:plain
f:id:kuromenboo:20210709220205j:plain

蜘蛛の巣を払いながら、何とか進みます。

f:id:kuromenboo:20210709220236j:plain
f:id:kuromenboo:20210709220045j:plain

滝ゾーンは終わりの方なので、基本滝はないのですが、一つだけ2mと小さい少し面白い滝がありました。

f:id:kuromenboo:20210709220057j:plain
f:id:kuromenboo:20210709220007j:plain

直登しようとすると顔面に水を受けるので、上手く体を捻って避けながら登ります。(巻道はあり)
f:id:kuromenboo:20210709220109j:image

特に見どころのない、暗めの沢を進みます。

f:id:kuromenboo:20210709215952j:plain
f:id:kuromenboo:20210709220136j:plain

11:50直登できない8m滝です。左岸から巻きます。ここを越えたあたりから、少し楽しい滝ゾーンです。f:id:kuromenboo:20210709220102j:image

滝裏は水浴びと苔が綺麗。

f:id:kuromenboo:20210709220144j:plain
f:id:kuromenboo:20210709220054j:plain

緑の領域がありました。ゴルジュ空間なんですけど、岩が露出しておらず、緑緑しているのが印象的です。f:id:kuromenboo:20210709220016j:image

緑ゾーンを進みます。
f:id:kuromenboo:20210709220026j:image

菱池谷の核心、8mチョークストーン滝です。泳いで取り付いて、シャワー直登は最高ですね。f:id:kuromenboo:20210709220125j:image

落ちても下は釜なので攻め放題です。苦戦しましたが、ルートがわかってしまえば難しくはないです。ただ、初心者には厳しそうで、ロープ垂らすとしても、上に立木はないので、カムとか、スリングを岩に巻くとか工夫が必要そうです。もしくは、ロープ手持ちで引っ張り上げても良いかもしれません。
f:id:kuromenboo:20210709220011j:image

5m。難しくはないのですが、釜部分は岩なので、落ちたらタダではすみません。
f:id:kuromenboo:20210709220034j:image

これは簡単。結果、楽しく登れる滝は2つぐらいでした。
f:id:kuromenboo:20210709220003j:image

12:40 沢をもっと詰めていく手もありますが、GPSで確認しながら、林道に出ることにします。
f:id:kuromenboo:20210709220150j:image

中々の藪漕ぎです。
f:id:kuromenboo:20210709220212j:image

13:20 40分の格闘の末、林道到着。車をデポするのもありですね。f:id:kuromenboo:20210709220114j:image

雨予報だったのにまさかの晴れ間!

おしゃべりしながらのんびり歩いて、14:20に駐車地到着。
f:id:kuromenboo:20210709220041j:image

面白い滝はありますが、前半の蜘蛛の巣ラッシュ、林道に上がる藪漕ぎの大変さがしんどい沢でした。

活躍した沢登り道具

沢登り装備は色々試してきて、自分に合った装備がわかってきました。 kuromenboo.hatenablog.com

私が使っている防水リュックはこれです。完全防水で水は入ってきませんし、重量が軽いので、沢登り以外にも使い勝手がよく日帰り登山ではよく使ってます。

沢靴はラバーソールのこれです。安いのは良かったですが、ソールが薄いので長時間歩くと足裏が痛くなります。指が割れた靴下使ってます。

kuromenboo.hatenablog.com

ハーネスはロッククライミング用がオススメです。強度も高く、カラビナをかける場所も最適化されてるし、重さは気になりません。

ロープで確保しながら登るとき用のマイクロトラクション。滑りが抜群に良く、小さいので買って良かった一つです。ロープに固定し、登る側には動くが、落ちる側では止まり、安全を確保できます。

沢で使っている防水カメラはこれです。大きな不満はなく、マクロ撮影もできて便利です。

kuromenboo.hatenablog.com

過去記事

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com
kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com

kuromenboo.hatenablog.com